■プロフィール

理子漢方

Author:理子漢方
楽しい気分になりますように♪

理子漢方薬局HPに戻る
実物は理子漢方薬局でご覧下さい。長尾理子 

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■新型インフルエンザ 国内感染者数

■新型インフルエンザ 国内感染者数

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
乳幼児の熱性けいれん
乳幼児は細胞の新陳代謝が活発なので非常に短時間のうちに高い熱が出ます
インフルエンザでは30分~1時間のうちに39度などの熱が出る
あまりに短時間のうちに高い熱が出ると

子供(10歳まで)はまだ腎臓が発育していませんので
水分の調節能力が十分ではありません
血液中の水分量の不足から痙攣症状は起こります
(痙攣が起こってからでは お母さんがびっくりするので)
最初から 五苓散 は飲ませておいたほうがいいでしょう
(また 五加参(ごかじん)は腎臓の働きを助けて 免疫細胞の働きを助ける)

JPS葛根湯液(かっこんとうえき)(10ml~15ml)
+五苓散(ごれいさん)(子供の普段の倍量)
+五加参(ごかじん)

年齢により量調節 
38.5度以上あるときは4時間おきに飲ませる

☆漢方の楽な飲ませ方
お湯のみに漢方薬と砂糖を入れて適量の熱いお湯で溶かし。
ストローで飲ませると嫌がらずに服用できます。
(少し温かい程度に冷ましてから飲まされてください)




にほんブログ村 ランキングに参加していますのぉ~。
アイコンをポチッと応援クリックよろしくお願いいたしま~す。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ スイーツデコへにほんブログ村 ハンドメイドブログ ガラス細工へにほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚・らんちゅうへ
にほんブログ村↑現在のランキングも見れますよ。




理子漢方薬局HPに戻る
スポンサーサイト


未分類 | 09:23:03 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。